女性におすすめのイソフラボンの働きとは?

納豆や豆腐から取れる

大豆

大豆関係の食品に多い

ビタミンなどは、いろいろな植物や動物に含まれています。その一方で、ある植物にしか含まれていない栄養素などがあります。また、ある食品から最初に発見された場合があり、その時にはその食べ物の名前が付けられる場合があります。イソフラボンは大豆に良く含まれることが知られていて、通常は頭に大豆と付けることが多いです。その他の豆類にも含まれていますが、おすすめは大豆になるでしょう。大豆といいますと、日本では大豆をそのままの状態で食べることが少ないかもしれません。節分の時に煎って食べるくらいでしょう。イソフラボンを摂取するときに効率的といえるのが納豆です。においは強いですが、1パックで65ミリグラムもあるのでおすすめです。納豆はにおいがあるためにあまり食べられない人もいます。大豆食品で日本でよく知られているのが豆腐です。もちろんイソフラボンが含まれています。2分の1丁が110グラムぐらいになりますが、これで69ミリグラムぐらい含まれています。1丁となるとなかなか食べるのが大変ですが、半分であれば朝食や夕食などで食べることができます。手軽なのでおすすめといえます。豆腐の仲間として油揚げがありますが、こちらも半分で52ミリグラムぐらい含まれています。煮物などに入れると味が染みておいしくなるので、たくさん食べることができるかもしれません。黄な粉や味噌にもイソフラボンが含まれているので、こちらもおすすめです。毎日味噌汁を飲めば、自然に摂取できます。