女性におすすめのイソフラボンの働きとは?

吸収率が高いのは

女性

スピーディーに届く

身体にいいとおすすめされている「イソフラボン」ですが、実は大きく分けて2つの種類があります。この2種類というのは、「グリコシド型」と「アグリコン型」という2つです。大豆の胚芽部分に多く含まれているとされる2種類のイソフラボンですが、吸収率の高さで見るとアグリコン型イソフラボンの方が優れているということが出来ます。まず、グリコシド型イソフラボンというのは、低吸収型と呼ばれるものです。私たちが健康におすすめと言われ、普段よく口にしている大豆食品の、納豆、豆腐、豆乳に含まれているイソフラボンの形が、グリコシド型になります。このイソフラボンには、糖が周りについているので、腸内細菌で分解し吸収することが必要となります。この吸収率に関しては個人差があり、中には折角摂取したイソフラボンを吸収しにくく、しっかりと摂取することが出来ないという人もいます。そのため、グリコシド型イソフラボンであると、平均的な吸収率は約2割程度、吸収まで6〜8時間者時間がかかります。一方で、アグリコン型イソフラボンは、高吸収型ともいわれています。つまり、グリコシド型に比べて吸収率が高く、吸収までの時間も約2時間ほどと、大変効率的なのがよくわかります。このように吸収率にも差があることから、アグリコン型のイソフラボンがおすすめされています。胃や腸でスピーディーに消化されることでおすすめの、アグリコン型を普段から心がけて摂取してみてください。